販促品になりやすい

印刷機

クリアファイルは文具の一つとしてよく知られています。ペラペラの紙をそのままにしておくと折れたり、破れたりすることもあるでしょう。また、紛失を防ぐためにもクリアファイルに挟んで保管しておくにはちょうどいいものです。そんな理由から、多くの人が様々な用途で利用しています。この便利さを狙って、企業では販促品の一つとして企業オリジナルのクリアファイルを制作することが多くなってきているのです。種類もいろいろあります。透明の一般的なタイプもあれば、様々なカラーでバリエーション豊富なものもあります。大きさもいろいろあるので、様々なものを作ってみるのもいいかもしれません。

手頃に制作できる

CMYK

クリアファイルは手頃な費用で制作できるという点から、とても人気があります。法人で大量生産することがほとんどですが、もちろん個人で制作することも可能です。ただし、最低限の注文数が決まっていることもあります。たった一枚だけというわけにはいかなないので、最低注文数をしっかり確認した上で注文しましょう。100枚でいくらというように、業者では料金を決めていることがあります。大量生産した方が割安になることもあるので、それなら一度にたくさん作ってしまった方がお得です。販促品として配布するのなら、多少は余ってもいいくらいの数を発注してしまいましょう。その方がお得です。それに多くの人が使えるグッズという点もあり、クリアファイルは重宝します。

配布しやすくて便利

印刷機

クリアファイルは配布しやすいこともあり、多くの企業で販促グッズの一つとして制作することがあります。費用も手頃なので注文しやすいという点も魅力的です。まず、どんなデザインにするか考えてみましょう。会社名を入れたり、ロゴを入れたりといったことが主流となっています。デザインによって費用も違ってくるので、発注前に確認しておくことが大切です。また、発注枚数によっても費用は異なります。一枚いくらというのではなく、50枚でいくらというように、ある程度の枚数で料金設定されていることがほとんどです。もちろん業者によって制作費用もデザインも異なります。実績のある業者に発注しましょう。これまでの制作例を参考にしてみるのもいいかもしれません。それによってレイアウトなどを考えてみましょう。それから、最近は個人でも制作する人が増えてきています。何十万円といった大金が発生するわけではないので、ちょっとしたイベントなどでも配布できて便利です。

広告募集中